中国には月収3.3万円以下の゛困窮゛人口が9.6億人存在するという事実に驚愕する!?

少し前のニュースになるが、ずっと気になっていた記事がある。「現代ビジネス」が報じたものだが、今年5月に開かれた中国の第13回全国人民代表者大会での李克強国務院総理の発言である。

正確に言うと、これは大会閉会後の5月28日の記者会見で、タイトルにあるような内容について述べたことらしい。「現代ビジネス」の記事では、この会見を゛爆弾発言゛だと呼んでいる。

以下、李総理の発言要旨を「現代ビジネス」から引用する。

中国は人口が多い発展途上国であり、中国国民1人当たりの平均年収は3万元(約45万円)ですが、月収1000元(約1万5150円)の人たちが6億人います。1000元では中都市でさえも住宅の賃貸が困難であるのに、今は感染症の蔓延に直面して苦しんでいますが、感染症の蔓延が終わった後に人々の生活を守ることは重要な課題になります。
我々は今年貧困脱出闘争の任務を期日通りのに完成しなければなりません。

ということで、「現代ビジネス」の解説によると、月収3.3万円以下(年収39万6000円)以下の人口は9.6億人(総人口の68.9%)に達するということである。それで、中国が打ち出している貧困撲滅対策というのは「貧困基準を下方修正することで貧困人口の撲滅は可能だ」(李総理)というものだそうだ。




子供だましというか詭弁というか、よくこんなことが言えるものだと呆れてしまう。今まで1000円以下が貧困層だったが、700円以下を貧困と定義を変更すれば701円以上は貧困ではなくなる。「貧困は撲滅された」ということのようである。

「現代ビジネス」は、記事のまとめで以下のように書いている。

李克強が全人代閉幕後の記者会見で、あえて上述したような爆弾発言を行った真意は不明ながら、中国共産党が悲願とする貧困撲滅の実現は虚飾である。上記の事実は、世界第2位の経済大国にはまったくもって似つかわしくないと言えよう。

と締めくくっている。私はこの記事を読んで大きなショックを受けたが、一方で大きな疑問に突き当たった。よく言われていることだが、中国には富裕層が1億人いるということである。

1億人といえば、日本の総人口にも匹敵するのだが、よく日本に旅行に来て爆買いしていく中国人とは、この富裕層を指していると思うが、これらの人たちはいったいどういう人たちなのだろう。

思い浮かぶのは、共産党の存在である。中国共産党の党員は8000~9200万人と言われている。この富裕層の人口と共産党員の人口はほぼ一致する。つまり中国では一部の共産党員が国全体の富を独占しているということである。

社会主義(共産主義)国は、労働者の国であり、一部の資本家によって富が独占される資本主義国家とは違うというのが建前だと思うが、実態は、資本主義国よりもっとひどい富の独占・収奪が進行しているということだろうか。

中国という独裁国家(全体主義国家)は、゛人民共和国゛などと名のってはいるが、人民の自由と民主主義を奪い、富まで奪う専制国家だということになる。まさに人類の敵なのである。