「実は大したことない大リーグ」は本当だ!?

昨年まで日本のプロ野球・日本ハムでプレーしていた大谷翔平選手が、海の向こうのアメリカメジャーリーグで活躍している。大谷選手がメジャーで活躍できるであろうことは、私も事前に分かっていたのだが、予想以上の大活躍である。
メジャーリーグに詳しい人なら、日本人選手がアメリカで活躍できる「条件」について、知っていると思う。まず、ピッチャーなら右投げであること、野手であるなら右投げ左打ちの外野手(またに右打者も可)であることである。
過去に活躍した選手を思い浮かべてみると良い、ほとんどの選手がこのカテゴリーに一致するはずである。ピッチャーでは、野茂、伊良部、松坂、上原、ダルピッシュ、田中将、前田などなど枚挙にいとまがない。逆に活躍できなかった選手の代表は、元阪神の井川慶だろう。
バッターでは、イチロー、松井、新庄、城島、青木ほかで、活躍できなかったのは中島、田中賢介などだろうか。活躍できなかった選手はほとんどが「内野手」であることが共通している。何故だろうか。




日本人右投手が活躍するのは、単純に良い右投手が不足しているからである。左投手が活躍できないのは、良い左投手がメジャーにたくさんいるから「必要ない」からである。どんな業界でも「必要のない」ものを取りはしない。
また、日本人の内野手が活躍できないのは「コミュニケーション」である。外野手は基本的に打球を追っていれば良く、肩が良ければなお結構で、コミュニケーションは必要ない。しかし、メジャーでは内野手(ほとんどの場合三塁手)が内外野に指示を出すので、サインだけでなく言葉が通じることが条件になり、英語のできない日本人(外国人)選手は嫌われる。
監督、コーチだけではなく選手自身がそのことを訴えるため、拒否されるのである。監督に至っては、白人の監督なら白人を使いたがるし、黒人の監督がいたなら黒人を優先して使うし、黄色人に至っては白人も黒人の監督も使いたがらない、ありていに言えば「人種差別」がある。
このことは、メジャーで活躍した新庄選手が語っていたのを聞いたことがある。また、メジャーリーグに詳しい人なら、誰でも知っていることである。自由の国アメリカ、アメリカンドリームも「人種差別の壁」に阻まれるのである。
さて、今度は日本のプロ野球に参入してくるメジャーリーガーについてである。私は札幌市に住んでいるので、地元の球団・日本ハムを応援しているが、今年入団した元メジャーリーガーであるアルシア選手と、マルティネス投手は、いわゆるバリバリのメジャーリーガーであるので、なんで日本に来たのか、といぶかしんでしまうのだが、理由は簡単で「給料」である。
マルティネス投手は昨年メジャーで3勝を挙げているが、年俸はメジャー最低年俸の54万ドル(約6000万円)であった。日本ハムは彼を2億円で獲得したと言われる。つまり、日本のほうが高給というわけである。
メジャー選手の平均年俸が約4億円と言われるので、マルティネスやアルシア選手もそのくらいもらっていたのかと思ってしまうが、実はそうでもないのである。この「最低年俸」ラインに実に多くの選手がひしめいている。
大谷の所属しているエンゼルスの試合をテレビで見ていたら、相手チームの選手に打率.139という選手が出ていたが、名前を覚えていないがこの選手もおそらく最低年俸組なのだろうと思う。(1969年以降の球団数の増加に伴い、全体的にメジャーリーグ選手のレベルは低下していると思われる)。
昨年、日本ハムで投げていたマーチン投手が今年メジャーに復帰して投げているが、多分、日本ハム時代のほうが給料は高いだろうと思う。天文学的な高年俸選手は、メジャーでもごく一部なのである。
もちろんマイナーリーグに降格したら悲惨である。年俸300万円前後まで落ちてしまう。メジャーリーグには素晴らしい選手がたくさんいる。(球団数が多いのだから当たり前だが)。でもすべての選手がそうではない、というか、日本のプロ野球選手のほうが「上」という人もたくさんいるのである。
というわけで、私は今年もメジャーリーグよりも「優雅で感傷的な日本野球」の方を楽しんでいるのである。