カメラの話、その⑦canon G9(初代)でモノクロ写真を撮る

.また長期の休養となってしまった当ブログだが、今日はカメラの話にしたい。pentax K10Dでモノクロ写真を撮った記事がずいぶんとアクセスを稼いでいるようだ。今回は最近購入したcanon G9で撮ったモノクロ写真である。

Gといっても2007年に発売された初代のg9である。私は新聞社の支局の仕事を長くしていたので、記事を作成するためのカメラも毎日のように使っていた。仕事用のカメラとしては、canonのGシリーズは最高である。

2003年だったと思うが、仕事用として最初に購入したのがG5である。本格的にデジタルカメラを仕事に使うということをしたのだが、G5を購入する前に買ったのがpentaxのコンパクトカメラであった。

7~8枚撮るとすぐに電池がなくなる、暗いところでは使い物にならないなどさんざんで、すぐにcanonのg5に買い替えた。これは使えた。さすがに6万円ほどしたので、使えて当然かもしれないが…。

 

その後、5年ほど使ったろうか、次はg7である。画質は満足いくものだったが、バッテリーが長く持たない。警告が出始めると、あっという間に撮れなくなってしまう。3年ほど使って次はG11に買い替えた。

このG11の画質は素晴らしいものである。コンパクトデジカメとしては最高ではないかと思う。このとき、G7は下取りに出したので、そのときから手元になくなった。今から思うと手元に置いておくべきだったと思う。

さて、そのときからいつかG7を買い戻そうと思ってはいたのだが、G7と外観はそっくりのG9という機種もあり、こちらも気になっていた。そこで今回は1210万画素のG9にしたのである。

さて前置きが長くなったが、G9に期待しているのはカラーでの撮影もあるが、モノクロ写真の写りがどうかということである。私は現在、モノクロ写真が撮れるデジタルカメラとしてpentaxのk10D、canon S90、canon40D、lumix TZ5、canonG11などを所有している。

このうち、目下モノクロカメラとして多用しているのは、canon S90である。それにG9が加わったということになる。昨日2月23日の祭日に、街へ出て、札幌駅付近で撮った写真を数枚上げておく。

写り自体は゛期待通り゛というところだが、実際に扱ってみて、ボディが「ちょっと大きい」ということである。私も歳をとったものである。これで「大きい」と感じるのだから、一眼レフカメラなんてもう持てない。

次のカメラ購入候補として、sonyのRX100とか、ricoh GRD3なんかが上がっている。古いカメラばかりであるが、新しいカメラは高くて買えない。動画はともかく、静止画を撮るなら10年前のカメラで十分である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。