安倍昭恵夫人を国会で証人喚問するべきだ!?

3月27日に行われた佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問は、ご承知のように「刑事訴追を受ける恐れがあるので、発言を控えさせてもらいます」の連発で、真実はさっぱり聞けない消化不良の内容に終わった。
それにもかかわらず、安倍首相や昭恵夫人への「忖度」があったかどうかについては「ない」とはっきり言いきるという、自分たちの言いたいことだけを言って帰ってしまうという、野党側からすると「舐めきられた」格好だ。
この証人喚問について、大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は「やましいことがある、と言っているのと同義語だ。財務省の内部調査は無理だし、この問題をずっとやるのも国益にそぐわない。法律の専門家による特別チームを作って検証すべきだ」と注文したそうだが、私も同感だ。

さて、この証人喚問と前後して、野党の議員6人が拘留中の籠池氏に昭恵夫人の「いいお話ですから、前に進めてください」という発言の真意をただすため接見するということがあったが、私はちょっと首をひねってしまった。
いくら安倍首相を退陣に追い込みたい一心とは言え、詐欺の罪で拘留中の籠池氏から安倍夫妻追求の言質を取ろうという発想がそもそもおかしいと思うのである。うそつきは泥棒の始まりといわれるが、まさに泥棒(詐欺師)の発言を使って国会で首相を追及しようなんて、幼稚というか、間抜けというか、頭の構造がどうかしている。



こういう人たち(国会議員)が、高給をもらい、歳費をもらい、手抜きの限りを尽くして、それで正義の味方ぶっているのは見苦しいとしか言いようがない。以前よく、共産党の議員が国会で政府を追及するのに「この週刊誌に書いているのは本当か」とか、「この週刊誌に書いている大臣の発言は本当か」とか、この人たち(野党の議員)は毎日週刊誌ばかり読んでいるのか、とあきれたことがあるが、それと同じ頭の構造である。
さて、結局は大阪地検の捜査の行方を見守るしかないのか。次の手は、安倍昭恵夫人の証人喚問ということになろうか。ほとんど無理だと思うが、実現の可能性はあるのか。私は昭恵夫人の証人喚問を実現してほしいと思っている。
国会の場で、辻本清美や福島瑞穂が安倍昭恵を追及するのを見てみたい。多分多くの人がそう思っていると思うのだが、これはなかなかハードルが高そうだ。そう思っていたところ、ネットでは、安倍夫妻の動向が伝えられていて、これが面白い。
安倍首相は公邸に寝泊まりしていて私邸には帰る機会が少なく、首相が私邸に帰る日は昭恵夫人はホテルかどこかへ外泊して姿を消すという。首相は「もう顔も見たくない」といっているとか。ひどいことになっているようだ。
昭恵夫人にしても、自分が森友学園に肩入れしていて「いい話なので、前に進めてください」なんて言ったことはない、と否定するだろう。しかし、この人(昭恵夫人)、約55もの団体などの名誉職を引き受けているとか。
もちろん、首相夫人だからそういう求めが向こうから来るわけだが、自粛する様子もない。受けるほうも受けるほうだが、こういう人にお願いするほうもするほうだ。どうせ、これらの団体のうちどこかが森友のようにボロを出せば、さっさと逃げるのだろう。
国会議員がよくやる手だ。献金をもらっていて、相手が不祥事を起こせば、さっさと返す。それで「問題ない」と開き直る。もっとも、ほかにやりようもないのだけれども…。安倍昭恵も、まるで国会議員にでもなったような、首相夫人という特別な存在の居心地の良さを満喫しているようだ。
与党内では、昭恵夫人に行動自粛を求める声が相次いでいるそうだが、安倍首相いわく「昭恵に何を言っても、だめなんだ。何もわかっていないんだよ。だから、相手にしてもしようがないじゃないか」。国会で証人喚問して、お灸をすえるしかないのではないか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。